干し芋「ほしキラリ 平干し芋」&「紅はるか 丸干し芋」仕上がりました!

2019年1月も後半に入り、関東地方は連日乾燥注意報が出るお天気です。

しかし、このお天気のお陰で干し芋「別名 乾燥芋」は天日干しでキレイな色に仕上がり、甘さが凝縮されて旬を迎えました!

今回は、あまいも-Amaimo-の大須賀農園さんの加工風景と天日干し場の「干し芋」を写真でじっくりとご紹介いたします。

今回は、「ほしキラリ」の 平干し芋&「紅はるか」の丸干し芋です。


まずは加工風景から・・・










蒸かしたての原料芋は、とっても芳ばしく甘い香りが漂います。

このまま食べると「焼き芋」よりも、数倍美味しく感じてしまいます・・・

蒸かしたては、甘さはそれほど深みはないのですが、柔らかでとろける舌触りと香ばしい風味が絶品です!

この原料芋を乾燥させると、甘さがぎゅ~と凝縮されて、あの深みのある甘い干し芋に仕上がるわけです。

この天然の甘いスイーツには不思議さと同時に、自然への感謝の気持ちが湧いて来ますね!


それでは、次は「ほしキラリ」の平干し芋とお買い得干し芋です。

キレイな黄色が特徴的な「ほしキラリ」

天日干しでの乾燥が進むと、ベッコウ色系に変化するのも美味しさを感じます。

















そして、「紅はるか」の丸干し芋をご紹介です。

乾燥機を導入しても、最後の天日干しは欠かせません。

自然の太陽の恵が、干し芋に最後の美味しさを与えてくれます!





















0 件のコメント :

コメントを投稿